【グループ名変更のお知らせ】



【グループ名変更のお知らせ】


青木尚哉グループワークプロジェクトは今後の更なる発展を目指し、2020年4月より『zer◯ 』に名称を変更することをご報告させていただきます。


グループが本来の自分に立ち返ることができる場所であって欲しい、そして、このグループを中長期的に発展させていきたいという思いから、名称変更をするという決断に至りました。


ただ、すぐに何かが大きく変わるわけではありません。


僕ららしく、この名前の更新がどんな変化をもたらすのかを時間をかけて味わっていきます。


慣れるまでは時間がかかると思いますが、皆さまに覚えていただけるよう、日々、身体と舞踊の追求を続けて参ります。



<『zer◯ 』名前の由来>



「0→1」の0と向き合う

新しいことを生み出すことを「0→1」と例えますが、私たちはこの中の「0」に注目したいと思います。情報が氾濫する現代では、「0」こそ見つけるのが難しいと考えてるからです。


また、身体のことでいいますと、お母さんのお腹の中で一つの細胞から始まり、分裂を繰り返し、人として生まれて来ました。それから今まで、たくさん体験を通し、流れる時間と共に一度も休むことなく身体は進み続けています


。あらゆる意味で「0」の地点に戻ることは困難ですが、そうした「0」と時間をかけて向き合う人々のための場所。それが「zer〇」です。



<グループ名変更にあたって>


リサーチとトレーニングを目的にスタートした3年前、とりあえずの結果が見られるまで、少なくとも3年はやります!と宣言し(誰にともなく)、この3月で満了を迎えました。


正直「では3年で終了です」という選択肢もありました。ですが、この3年間、そして今現在も多くの方にご支援と応援をいただいております。そしてまた活動の中身(メンバーやレパートリーなど)も充実し「さてさて、これからどうする?」って状況で、昨年末を迎えたときにまずグループの継続を決めました。


さらには、今年度に継続する上で昨年度からの続投のメンバーが多く、それでは少し組織体制を見直して、一歩前に進んでみましょうということになりました。


いつまでも頭に自分の名前が付き纏うのもなんだし、何より長い。(もっとも始めは青木尚哉グループワーク&リサーチ プロジェクトでした。)そこで、新たな呼び名が欲しくなったわけです。


活動の趣旨や目標はそのままです。


共通のトレーニングを介し身体と舞踊、そして社会の関わりを追求するグループ。

様々な状況で置き去りにされている「身体への注目」を取り戻す活動を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000

青木尚哉グループワークプロジェクト

2017年4月に発足。共通の身体トレーニングを通して「身体と舞踊の関わり」について追求するグループとして活動。様々な状況で置き去りにされている「身体への注目」を高める活動をしている。