EBILAB/エビラボ vol.5 夏の特別企画「つくろう、おどろう、あそぼう、 テンとセンとカタチの大冒険」

EBILAB/エビラボ vol.5は、子ども向けに夏の特別企画をいたします。


題して、

「つくろう、おどろう、あそぼう、テンとセンとカタチの大冒険」


青木尚哉グループワークプロジェクトのダンサーと、現役小学校の図工の先生による複合ワークショップです。

秋葉原駅から徒歩3分。築90年のステキな古民家ギャラリー『海老原商店』で、ダンスと図工がドッキング!!夏休みの最後の思い出を作っちゃおう。


開催期間 

8月 

24日(土) 

25日(日)


時間   

①11:00〜12:30 

②14:00〜15:30 


会場   

海老原商店(千代田区須田町2ー13-5)


参加費  

1コマにつき500円(材料費、同伴者は無料)


定員

各コマにつき、10名(ご予約です!)

*1日何コマでも受けれます。


対象   

5才以上

*未就学児童は同伴者つきでお願いします。


申し込み・問い合わせ  

メール:info@aokiny.com 

電話:09092949881(青木)


主催   

青木尚哉グループワークプロジェクト、海老原商店を生かす会


協力   

山と水の図工室(山内佑輔、水野明香)、NPO 都市住宅とまちづくり研究会  

出張図工室プロジェクト

​山と水の図工室

山内佑輔 & 水野明香

東京都公立小学校図工専科教員。

「わ!」と繋がり、「あ!」と驚き、「わあ!」と楽しむ図工の授業を実施中。

いつもは別々の学校で授業をしている2人のアイデアを組み合わせたら、どんなことができるだろう!?

と、今日ももくもく楽しいことを計画中!​

(山内佑輔さんは、24日のみとなります)

青木尚哉グループワークプロジェクト

青木尚哉

(振付家・ダンサー)

東京都あきる野市出身。16才よりダンスを始める。日本初のレジデンシャルダンスカンパニーNoism、JAPON Dance Projectを経て、青木尚哉グループワークプロジェクトを発足。身体の構造を基としたオリジナルメソッド「ポイントワーク」を開発し、グループで共有する。舞台での表現活動のみならず、社会の中で「舞踊をどう活用できるか」を模索し、様々な状況で置き去りにされている「身体への注目」を高める活動をしている。

スタジオ・アーキタンツ アーティスト・サポート・プログラム支援アーティスト。



0コメント

  • 1000 / 1000

青木尚哉グループワークプロジェクト

2017年4月に発足。共通の身体トレーニングを通して「身体と舞踊の関わり」について追求するグループとして活動。様々な状況で置き去りにされている「身体への注目」を高める活動をしている。